ドリンク以外のものでも売れる

24時間経営できる

深夜や早朝にお客さんが来る

魚を釣るなら昼間よりも、深夜や早朝など暗い時間帯が良いと言われています。
明るくなりすぎると魚が人間に気づいてしまうので、うまく釣れません。
しかし深夜や早朝は、まだ釣具店が開いていないと思います。
これまではお店が開くまで待っていたかもしれませんが、今は自動販売機で基本的な釣りの道具を売るお店が増えており、待つ必要はありません。

いつでも釣り具を購入できると、お客さんから好評です。
このようにドリンクや食品以外のものでも売れるので、お店を経営している人は自動販売機を使うことを考えましょう。
お店の敷地内に自動販売機を置こうと思っても、スペースが小さいかもしれません。
その場合は、小さいサイズの自動販売機を選択すれば大丈夫です。

周囲が明るくなる

自動販売機を設置することで、お店の前や周辺が明るくなる面がメリットです。
これまでは街灯も少なく、夜になると真っ暗になっていた地域があるでしょう。
そこでは不審者が多発したり、泥棒が侵入したりしてしまうかもしれません。
しかし明かりがあれば不審者が避けるので、お店だけでなく地域全体の安全性を向上させられます。

さらに安全性を高めるのであれば、防犯カメラを設置するのがおすすめです。
すると自動販売機やお店の売り上げを盗もうとする人がいたら姿を捉え、迅速な逮捕に繋げられます。
防犯カメラがあるだけで、この周辺は防犯意識が高いと不審者にアピールできる面も魅力ですね。
できるだけ死角にならない位置に、防犯カメラを置きましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
TOPへ戻る